すでに払い終えているので、
今さら感ですが、

新築した家
固定資産税は34坪で、
減額後ざっくり8万円超え くらいが
標準額なんだそう。



わが家は去年新築して、
支払い初年度ということもあり、
家の固定資産税について気になったので、
役所で聞いてきましたので、
今から家を建てる方の
ご参考になればと思います( ´ ▽ ` )ノ

尚この記事は
役所から聞いたことを一般人が
勝手に噛み砕いた情報です。
間違ってても悪しからず!!!
でも間違ってるところがあったら
訂正ご連絡下さい!
記事直します 汗



*************
ご興味のある方は
わが家のweb内覧会も
合わせてご覧ください😊
web内覧会
*************



早速!
こうしたら安くなるぞ!
って紹介したいのは
山々なんですが…



家を初めて建てる人は
固定資産ってなんぞや!?ですよね
わたしがそうだったので(/´△`\)






なのでまずは、概要から。




1.固定資産税って?

固定資産税とは、
毎年1月1日に
土地や家屋といった
動かせない"固定資産"を
所有している人に
市町村が課する税金です。


固定資産税と都市計画税から
成り立っています。
家や土地の課税評価額が決まり、
そこから税率を掛けたものを、
毎年納税するものです。
↑極端にいうと
1月2日に所有したなら、
364日固定資産税は要らないんです(*‘ω‘ *)

※課税評価額=家を建てた金額ではないです



【支払い方法】
全期一括と、
4期にわけて支払う方法があります。

支払う場所は
コンビニや銀行やゆうちょなどが可能です。
引き落としにすることも可能です。



2.土地の評価額の計算方法
土地が面している道路ごとに
平米あたりの単価
が決まっています。
=路線価 といいます。
大通りは価値が高くなります。

路線価は三年に一度見直されます。


路線価はネットでも見れますよ↓
まだ土地探しの方は
見て参考にしても良いと思います( ´∀` )b
http://www.rosenka.nta.go.jp


不動産・土地は生きてるので、 
このブログなどの情報に
流され過ぎずに
ここだ!と
思える土地に出会えたら、
躊躇なく契約した方がいいです\(^^)/





この路線価は、
家が建てやすい真四角の土地の場合に
標準価格として適用され、
長細かったりいびつだったり、
わが家みたいに旗竿地だと
減額対象となります。






3.家の評価額の算定方法

家が建ったら
税務課の人が家のつくりを
調査しにきます。
(わが家は入居後2ヶ月たったくらいに)

調査は1時間程度で、
メジャーをあちこちにあてて
建築図面に記入していました。

家の状況と照らし合わせて
標準装備より良い素材なら1.2倍の点数、
反対なら減点などされます。
例えば壁だと、
その素材が家の中の
壁のなん%を
占めるかで計算されます。
(壁の面積 計100%にるように)

国の基準金額が決まっていて、
「トイレひとつにつき幾ら」と計上します。
これを合算して家の評価額が決まります。

この評価額に税率を掛けるのですが、
新築なら3年減額、
長期優良住宅なら2年間延びて
5年減額されます。


※長期優良住宅は30万円の
 申請費が必要
なので、
 ご自身の判断で。


経年劣化の減額は
2年に一回見直され
反映されます。
二年間は固定額となります。





小難しい概要が、
やっと終わったところで…。



ついてこれましたかΣ(´∀`;)!?

全体像3
ちょっと休憩…





ここからがお楽しみー(*´∀`)♪



わが家の
増減理由になった上位を発表します。





【高くなった理由】
1位.ほぼ勾配天井を採用した
   →天井が高いとクロスも
    その分必要になる。
    また構造的にも柱が長くなるので
    評価も上がる。

2位.総二階ではない
   →いびつな形の基礎になったことで、
    壁の施工面積が増えるなど

3位.玄関にタイルを使用した
   →タイルの評価額はバカ高いです。
    役所の方も、
    「タイルはたっかいです汗」って。
    好みのコンクリート打ちにすれば
    良かった

4位.家全体が課税対象になった
   →149㎝以下の部屋ならカウント
    されません(例収納部)
    =固定資産にもならない




【安くなった理由】
1位.屋根を鋼板(ガルバ)にした
   →瓦に比べ安くなる

2位.片流れの屋根にした
   →反対に4方向に流れる屋根は材料が
    多くなり高くなる。
    標準は切妻屋根。

3位.シャッターをつけなかった
   →窓にシャッターを付けると
    固定資産ときてカウントされる



【ちょっと気を付ければ
  節税になること】

・二階のトイレは使わないなら
 まずは収納にしておき、
 必要になったとき後付けすれば、
 評価額60,000円ほど浮く
 (ただし配管やコンセントは
  新築時に済ませておいた方が
  いいです)
・外壁や屋根は、
 瓦〉鋼板=サイデイング
 の順で算定される
・タイル張りはもの
 すごく高くなる
・キッチンは265㎝より
 長いと長さによりプラスされる。
 (うちは270㎝( ;∀;))

・土地の中に段差(崖など)が
 あると安くなる。
 (ようへきを立てて平坦にしたら
 安くなりません)
・収納内部は149㎝以下なら
 部屋としてカウントされない
 (わが家は150㎝でアウト!)

・インターホンは固定資産税がかかる。(すぐに取り外しできるのに…)
 =なければ安くなる ←笑




【意外だったこと】
・クッションフロアーと、
 無垢床、合板フローリングは
 全て同じ評価額。
※タイルはずば抜けて高くなる
・付帯する水道管などは一律で
 雑資産として計上される
・電気の数や
 内臓式orブラケットかどうかは
 チェックされなかった…と思う
・キッチンはどんなものを
 設置しても一律額。
 (手作り台だろうが、
  システムキッチンだろうが一緒)
・二世帯住宅なら住宅用地としての
 面積軽減が2倍であるが、
 玄関、お風呂やキッチンなどの設備も
 二つずつ備える必要がある。
 (そしたら土地の住宅用地計算が、
  200㎡→400㎡に)
「介護で家に親を呼んだら
 二世帯住宅」ってわけではない(  ̄- ̄)
・トイレ内にあるような
 独立洗面は洗面所よりは
 少々安いが税は別途かかる
 (配管が別途必要でない
 手洗い付トイレはかからない)
・建具を全て造作にすると
 金額ははねあがる。
・キッチンの前面を造作すると
 課税される。
・階段が一律で結構な
 金額がかかること。
 (こんなんなら平屋でも
  良かったんじゃ…)
・役所の人が一生懸命
 話してくれたこと。
 (昔ながらの人は「面倒だ」って
  口や顔に出ちゃう方が多いけど、
  若い人は答えられる範囲で
  きちんと対応してくれる!)
・フェンスは固定資産に入らない




そうそう。
役所では縦閲覧といって、
期間限定で、
似ているお家の
固定資産税を閲覧することができますよ

※だいたい4月から5月末まで
※閲覧したい家の住所など細かい情報要


//////////////


色々な制度、
家を、たてるまでぜーんぜん知りませんでした(´∀`;)


ーー今後新築される方へーーー

ご参考になればと思います(*´∀`)

ただ…
せっかくの注文住宅。
固定資産税を気にしすぎて個性がなくなったらつまらないでね( ´_ゝ`) 笑

こんな風に決めてんだね!
くらいに受け止めて下さい(ノ´ー)ノ





ーーーすでに建築済みの方へーーー

税務課等に聞くと、
細かい仕様ごとの各評価表みたいのを、
出してもらえますよ♪
自分の家の評価…
ちょっと興味が出ませんか(*´∀`*)!?








役にたったぞ!って方は
クリックしていただけると
励みになります(*/∀\*)

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへにほんブログ村 インテリアブログ 男前インテリアへ




/////////////
元汚部屋で面倒くさがりが
綺麗な家を保つ工夫等を
発信しています。

登録してもらえると、
モチベーションアップ(*´∀`*)ポッ

/////////////